レストランの従業員で大切なこと

  • HOME »
  • »
  • レストランの従業員で大切なこと

レストランの従業員で大切なこと

レストラン従業員にやりがいを持たせる

レストラン従業員にやりがいを持たせる

レストラン経営をさらにスムーズにし、より利益をあげるためには、従業員の働き方が大きく影響を及ぼします。
そなため、従業員が積極的に動き、来店客から喜ばれるサービスの提供ができることが必要です。
レストランで働くスタッフが、モチベーションを高める仕組みを用意することが大切でしょう。
また、なぜ従業員がレストランで働くかについて、考えなければなりません。
例えば、「高い給与が欲しい」「良い接客業を経験したい」など、さまざまな理由を複合して持っているでしょう。
そのような目的を叶えられると期待させる仕組み、つまり「やりがい」を用意することが経営者の仕事です。
そして、従業員にやりがいを感じさせられるほど、売上アップにもつながります。

離職率の低い職場を目指す

離職率の低い職場を目指す

最近では、一般企業において、上司から部下への一方的な指示や、厳しい叱責が業務内容の向上には向いていない、とされるようになってきました。
昔の時代には、上司もどうすれば成功するかを知っており、部下もどれだけ厳しくされても上司についていけば、いずれ昇進が約束されていたものでした。
しかし、年功序列の昇進制度や、定年まで働くという風潮も、現在では崩壊しつつあることから、部下も以前ほど上司へついていくことへやりがいを見いだせず、すぐに辞めてしまうことも、よくあります。
レストラン業界でもそれは同じで、社員同士だけではなく、社員とパート・アルバイトの間にも言えることです。
厳しく注意されるだけで、対処法も教えられない現場で、働くことを苦痛に感じる従業員は少なくありません。
それよりも、上司から声掛けをして、横のつながりであるかのような雰囲気つくりこそ、意見を交換でき、なんでも話しやすくなるので、働きやすい環境になっていくでしょう。
意見交換がスムーズな店舗では、従業員も働くことが楽しくなり、その中でやりがいを見出すこともできるのです。
そして、従業員同士での会話がしやすくなれば、スタッフにとって働きやすい職場となり、離職率の低い店舗を目指すことができます。

column

  • facebook
PAGETOP
Copyright © トゥルーマネージメント株式会社 All Rights Reserved.