日本のホテル業界について

  • HOME »
  • »
  • 日本のホテル業界について

日本のホテル業界について

最近は中国人を中心に、日本に来る外国人観光客が増加しています。
今後2020年に東京オリンピックも開催されることもあり、ますます日本への外国人観光客の数は増えていくでしょう。
日本のホテルは、外国人から見たらサービスやホスピタリティが素晴らしいと、おおむね高い評価を得ています。
特に「おもてなしが最高」という意見が多いようです。
しかし、宿泊料金が高額、思っていた以上に英語が通じない、狭いといった不満も聞こえてきます。
ホテルはクオリティの高いサービスを求められる業界です。
こちらでは、「ホテルのホスピタリティとは?」「ホテルの星の数について」といった基本的なことから、「ホテルスタッフに向いている人」「英語力がどのくらいあればホテルスタッフになれる?」「ホテルスタッフのシフトについて」といったホテルスタッフに求められることなどについて、詳しく紹介しています。

ホテル施設は星の数を決めることによって格付けが行われています。星の数によって、ホテルの質が大きく変化し星の数が多ければ多いほど高級で質の良いホテルとなっている傾向があります。

ホスピタリティーは、おもてなしなどの心持ちが非常に重要になってきます。ホテルで働く人は、サービス・言葉遣いにおいて、お客様に対するホスピタリティー精神をもつことが求められます。

ホテルスタッフに向いている人材というのが存在します。お客様に尽くすのが好きな人や観察力のある人、協調性などがある人というのがホテルスタッフに向いていると言われています。

レストランなどの飲食店では食事の美味しさはもちろん、トイレの位置やスペースも集客に大きく変わってきます。飲食店経営者はまずそこをしっかりと理解することが大切でしょう。

レストランを開業するためには保健所のチェックを受けて許可を取得しなくてはなりません。事前にチェックポイントを押さえておけばスムーズに開業に漕ぎつけられるでしょう。

レストランメニューの価格設定は経営者がもっとも頭を悩ませてしまうところです。基本は原価ではなくお客さんの満足度、バリュー感で決めるということを覚えておきましょう。

ドアマンはそのホテルスタッフの顔ともいえる存在です。仕事内容はドア魔開け閉めするだけの簡単なものではありません。ゲストの送迎のほか、車の誘導、館内外の案内など多岐にわたります。

フロントは多くの仕事が集中し、そのホテルの顔ともいえる場所です。多くのお客様の対応をすることが仕事内容です。スタッフの中でもコミュニケーション能力の高さが必要になるところです。

ルームサービスの仕事内容は食事をただ運ぶだけではなりません。ホテルの宿泊客のもとに訪れるので、ある程度のコミュニケーションやビジネスマナーの対応も必要になってきます。

ハウスキーピングは宿泊客のために部屋を清掃するだけが仕事内容ではありません。ホテル内のほかの施設を徹底的にきれいにすることや客室へ備品を届ける仕事も含まれています。

現地の言葉がわからない外国人のお客様はホテル・コンシェルジュを一番頼りにします。ホテル・コンシェルジュは簡単な仕事ではありませんが、やりがいのある仕事でしょう。

ベルパーソンはホテルマンになるために必ず経験しておかなければいけない仕事です。お客様の荷物運び担当ではなく、クローク業務や、インフォメーション、ロビーの整理を行います。

レセプショニストが働く業界は、ホール運営会社やセレモニーホール、結婚式場、ホテルなどです。レセプショニストは、働く場所、業界によって仕事内容や役割が異なります。

宴会部門が最も利益を上げやすいため、ホテルの業績に最も影響しています。ホテルの業績が伸び悩んでいる場合は、宴会部門のサービススキルや人件費の見直しが必要でしょう。

結婚式の多様化・個性化が進んでいる近頃は結婚式場やホテルだけでなく、レストランやゲストハウスなどで行う結婚式も人気となっておりブライダルコーディネーターの活躍の場も広がっています。

ホテルにはドアマンやフロント業、料理業などさまざまな職種があり、そのトップに立つのが支配人です。
大きな組織で運営に携わることは、成功すれば喜びも大きく、やりがいを感じられます。

お客さまと直接触れ合う受付やコンシェルジュといった宿泊部門、個人や団体、企業向けにPRを行う営業企画、メディア対応を行う広報といった営業部門などホテルを支える仕事は

高級ホテルにおけるバトラーとは、お客様のホテル生活全般をサポートし、非日常感を味わえる人が向いています。バトラーを雇うことで、既存の施設に付加価値を上げられます。

ホテルで働く人の制服選びに重要なことは、そのホテルのイメージや特長をブランディングすることだけではありません。現場の従業員が使いやすい機能性を備えたものにすることが必要です。

最近では、旅行がより身近になったことから、女性だけの宿泊が増えてきているのが現状です。そのため、ホテルにおいても、女性に特化した独自のサービスを展開することが重要になってきます。

経営難のホテルは特徴があります。特徴として挙げられるのは事業計画段階の売上予測が甘く、計画通りに売上を確保できていないことです。まずは現地調査や数値分析、現状把握から初めましょう。

消費者の生活スタイルが変化しているためこれまでの集客手法が通じるとは言い難く、成長度合いに合わせたコンサルティングや詳細な指導、集客のためのマーケティングを実践する必要があります。

顧客満足度を高めるためには、お客様の期待値を超える必要があります。顧客満足度の高いホテルに共通する特徴は、ホテルのサービスとスタッフの接客がお客様の期待値を超えていることです。

古牧グランドホテルは、広大な敷地とホテルで青森を代表する観光施設でした。しかしバブル崩壊後、老朽化が進み、格安プランを打ち出しましたが、収益が摂れず破たんしました。      

決して大きくない倒産寸前のホテルを隣に巨大ホテルがオープンする中、名古屋ナンバー1にまで成長させたのが柴田秋雄さんです。ホテルの問題は従業員が楽しそうに仕事をしていないことでした。

ホテルの経営を成功させるためには広告宣伝が重要です。有名になるように宣伝広告するからこそホテル経営は成功し、成功したことも宣伝広告することでお客さんを呼び込むことができます。

経営状態が悪くなったホテルを救うための手段に、改革があります。他とは少し違った目線で行われた従業員を特に大事にするという戦略は成功し、経営難から立ち直りました。       

ホテルは様々な面においてクオリティの高さを誇っていて新規事業を展開すると意外とすぐに成功する例もあります。ブランド力を上手に活用することができればライバルに差をつけられるでしょう。

ホテルの安定的な経営を求める際には、宿泊できる客室の稼働率や単価に気を付けましょう。それに加えて利用客が求めているサービス内容を察知し、継続的に実行することも大切です。

帝国ホテルは重厚なつくりの雰囲気の中、従業員が最高級のサービスでおもてなしをしてくれる特徴があります。そのため近隣のホテルに泊まっていながら朝食だけを食べにくるファンもいます。

バリ島でTOP5に選ばれる人気のホテルには特徴や秘密があります。施設内に多くのアクティビティーがあるので、退屈することなく、宿泊するヴィラは非日常空間を演出してくれるでしょう。

ホテルの現状は勝ち組と負け組がはっきりとしてきています。将来性があるとして異業種から参入してきているきぎょうもあるので、まだ伸びしろはあると考えられます。

column

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6459-0955 9:00~18:00[年中無休]

column

  • facebook
PAGETOP
Copyright © トゥルーマネージメント株式会社 All Rights Reserved.