ホテルの星の数について

ホテルの星の数について

ホテルの星の数とは?

ホテルの星の数とは?
ホテル業界には、〇つ星ホテルと呼ばれるランクが存在します。
しかし、その星の数の違いによるものが意味することがなんなのかを知らない、という方もおおいようです。
欧米のホテルでは、格付けを行う組織によってそのホテルのサービスやクオリティ、施設内の設備や料理など全てを含めて評価されます。
星の数によって、その評価が行われることから、この格付けはスターレートと呼ばれています。
格付けをおこなう機関は、ミシュランガイドや各国の政府観光局、アメリカの全米自動車協会などです。
これらの機関において、格付けに関する基準などは統一されていません。
この格付けをみることによって、ホテルの質の高さを知ることができるので、ホテルを選ぶ時の判断材料として有効活用することができます。
ホテルを選ぶ際には星の数にも注目していながら選んでみると良いでしょう。

格付けによる違い

格付けによる違い
星の数による違いとは、どのようなものになっているのでしょうか?
まず、☆5つの場合、世界的に見ても一流という認識のあるチェーンホテルなどが挙げられます。
施設内は非常に高級感に溢れており、設備だけでなく、接客態度、位置など、総合的に見て最高級と評価されているホテルです。
続いて☆4つの場合は、世界的に有名なチェーンが挙げられることが多く、観光しやすい場所にあるというのも特徴です。
施設内の設備・サービス共に充実しています。
☆3は、有名なチェーンや地域独立系のホテルで、交通のアクセスがしやすい場所にあります。
規模は比較的大きく、基本的なサービスは充実しています。
☆2では中小規模の、比較的あまり規模が大きくないものが挙げられます。
基本的な調度品などはありますが、施設内にレストランがあるというところが少ないのが特徴的です。
最後に☆1ですと、エコノミーホテルなどが、それに当てはまります。
基本的なサービスなどはありますが、ルームサービスやベルボーイによるサービスなどは受けられない場合があるようです。

column

  • facebook
PAGETOP
Copyright © トゥルーマネージメント株式会社 All Rights Reserved.