英語力がどのくらいあればホテルスタッフになれる?

英語力がどのくらいあればホテルスタッフになれる?

必要な英語力はホテルの種類によってまちまち

必要な英語力はホテルの種類によってまちまち

外国人観光客が、ますます多く日本へ訪れるようになってきていることから、ホテルへ就職するには、英語力がなければ難しいと考えられています。
しかし、実際はホテルの立地や客層によって必要な英語力には大きく違いがあるのです。
もし、昔からある日本の有名観光スポットに建つ、たくさんの人を受け入れる大きなホテルであれば、外国人観光客数も増えることが予想されるため、サービス提供に支障のない英語力は欠かせないでしょう。
しかし、ビジネスホテルのように、出張のために滞在する会社員や安く泊まることを目的としている人がメインの客層である場合には、それほど高い英語力は不要です。
観光地で宿泊先のホテルを選ぶ時、重視するポイントが料金かサービスかによって客側が求める内容にも違いがあり、外国人観光客もサービスを期待するのなら、ビジネスホテルではなく有名ホテルへの宿泊を選択するでしょう。

どのくらいの英語力が理想か

どのくらいの英語力が理想か

有名観光スポットの旅館などで働くスタッフには、一例として大学生でTOEIC600点以上、専門短大生でTOEIC470点以上の獲得予定があることを必要とされています。
TOEICを英検に換算することもできますが、TOEICと英検ではチェックする内容に違いがあるため、できればTOEICでハイスコアを取得しておいた方がアピールしやすいでしょう。
もし、TOEICや英検の資格を取得していなくても、帰国子女などでその外国語に堪能であることも採用のポイントになります。
ホテルでの英語力は会話力が求められているので、日常的に外国語を使ってきた経験は強いのです。
それから、外国人客は英語を話す人ばかりではありません。
中国や韓国などあらゆる国から訪れるため、英語以外の外国語を話せることもアピールポイントになります。
そのため、日本語を話せる外国人スタッフを雇い、サービスにあたってもらうという方法もあるのです。

column

  • facebook
PAGETOP
Copyright © トゥルーマネージメント株式会社 All Rights Reserved.