ホテルスタッフのシフトについて

ホテルスタッフのシフトについて

24時間体制のシフトが必要

24時間体制のシフトが必要

客を宿泊させるというホテルの性質上、24時間いつでもスタッフが常駐していることは欠かせないため、シフトを組む場合も24時間体制になります。
総支配人についても24時間拘束するわけにはいかず、総支配人不在の時間は代行者がその業務を遂行するのです。
そして、ホテルの種類によって夜勤は男性のみが行う、女性も平等に勤務するなどさまざまで、安全面や体力面を理由に男性のみとしている場合や、24時間の大浴場があることから女性スタッフが入ると言う場合などがあります。
ホテルの勤務体制は、早番・中番・遅番の三交代制で行われているところが多く、ホテルスタッフとしては何回かの勤務のうち夜勤が一度は入ることは避けられないでしょう。
しかし、スタッフ同士の勤務体制の都合により、日勤のみや夜勤のみというシフトで働く人もいます。
それに、フロント・厨房・レストランホール・マーケティングなどそれぞれの担当業務により勤務シフトにも違いがあり、全て24時間体制のシフトとも言い切れません。

日勤と夜勤をどう組むかがポイント

日勤と夜勤をどう組むかがポイント

24時間を基本としたシフトを組まなければならないことから、スタッフに一定の勤務時間で出勤させることは叶わないことが多いでしょう。
しかし、「メインは日勤または夜勤」のような条件があるスタッフがいるとシフトが組みやすくなるため、ある程度スタッフの出勤希望時間帯を聞いておくこともポイントです。
ホテル業務に夜勤はつきものですが、できれば避けたいと思うスタッフも少なくないため、夜勤専門で出勤できる人の存在はありがたいでしょう。
また、採用する時に夜勤の可能性を伝え、勤務時間帯にばらつきが出ることも承諾しておいてもらうことも大切です。
中には、「勤務時間帯を一定にしたい」「昼間は資格試験の勉強をしたい」「少しでも稼ぎたい」などの理由から、夜勤専門での出勤を希望する人もいることから、採用する際にはどれだけ夜勤ができるかの確認もしておきましょう。

column

  • facebook
PAGETOP
Copyright © トゥルーマネージメント株式会社 All Rights Reserved.