ホテルスタッフ・ドアマンの仕事とは?

ホテルスタッフにおける<ドアマン>の仕事とは?

ドアマンの仕事内容

ドアマンの仕事内容
タクシーでホテルの正面玄関に着くと、立派な制服に身を包んだスタッフが出迎えてくれます。
非日常的な印象を受けるかもしれませんが、ドアマンの出迎えに、自分が偉くなったような気分になって居心地の良さを感じた経験は少なからずあるでしょう。
最近はホテル業界も大変厳しい状況です。老舗の一流ホテルであっても激しい競争にさらされています。
そんな時代にあって、ホテルの顔であるドアマンの存在は大変重要です。一流としてのホテルの格は、ドアマンの仕事ぶりの良し悪しで決まると言ってもよいのです。
いろいろなお客様が訪れる中で、ドアマンはそのホテルで一番にお客様に接する役目を担っています。お客様の送迎、車の誘導、館内外の案内、タクシーの呼び出し、周辺の警備など、ドアマンの仕事内容は多岐にわたります。
さらに、よく利用するお客様の顔と名前、会社名や役職、車種まで把握していることが優秀なドアマンの条件となります。

ドアマンの仕事の注意点

ドアマンの仕事の注意点
ホテルの玄関は多くの人が行きかうため、大混雑になる場合もあります。そんなときでもドアマンは、冷静な対応をしなければなりません。
必要以上に動き過ぎるのは失格です。いかに多くのお客様が来ても、優雅なふるまいが求められます。スムーズに車を誘導し、お客様を丁寧に館内に案内することが必要なのです。ドアマンという名前から、単にホテルのドアを開けるスタッフと決めつけるのは大きな間違いです。
ホテルに来られる、どのお客様に対しても公平に接することも重要です。簡単だと思うかもしれませんが、外見に惑わされることのないよう注意してください。誰に対しても公平な態度でドアマンの役割を遂行することを常に頭に置いてください。
さらに仕事上、ホテルスタッフを象徴する立場ともなるので、ホテル側のミスに対してお客様からクレームを言われることがあります。
自分のミスだけでなく、ホテルに関わる様々なサービスにクレームを言われたとしても、冷静に対応し必要な部署に伝えることが必要です。

column

  • facebook
PAGETOP
Copyright © トゥルーマネージメント株式会社 All Rights Reserved.