応対と統括のプロ・レセプショニストの仕事とは?

応対と統括のプロ・レセプショニストの仕事とは?

幅広い業界で活躍するレセプショニスト

幅広い業界で活躍するレセプショニスト
レセプショニストとは、幅広く使用される言葉ですが、シーンによって仕事内容や役割が異なります。
レセプショニストの仕事は主に大きな会場やホール、ホテル、店舗などの受付や接客応対、会場の案内などの業務を受け持ちます。
レセプショニストが働く業界は、ホール運営会社やセレモニーホール、結婚式場、ホテル、サロンなどです。
雇用形態は、正社員に限らず、アルバイトや派遣など多岐にわたりますが、接客スキルやビジネスマナー、英語や中国語などの語学力も必要となる職種です。
特に資格は必要ありませんが、あれば就職に有利になるでしょう。
レセプショニストは職場ごとに仕事内容が異なるため、現場で最低限必要なスキルが身についていることが大切です。

レセプショニストの仕事内容

レセプショニストの仕事内容
レセプショニストは、主にホテルの大きな会議場や宴会場、ホールなどで受付業務および会場案内を行いますが、緊急事態が発生した場合には、お客様の避難誘導やケガの応急処置も行います。
日本人のお客様ばかりとは限らないため、英語や中国語などの語学力、生活習慣や宗教の知識などの国際常識が必要とされます。
他に、イベントの企画や会議、催事の進行管理も行う場合があります。
多くのお客様が大きな会場に集まる場合は、予想外のトラブルが起きる場合がありますが、その際にはまずレセプショニストが対応に当たるのが一般的です。
また、会場がレストランである場合は、お客様の送迎からタクシーの手配、会計などまでがレセプショニストの仕事になります。
サロンでは、電話対応や予約管理、クレーム処理、新規顧客に対するシステムの紹介などを担当します。
レセプショニストは、どの業界でも対人能力や国際常識、ビジネスマナーが求められます。
楽な仕事ではありませんが、お客様との関わりが多い仕事なので、コミュニケーションスキルを磨きたい人にとってはやりがいがある仕事でしょう。
レセプショニストは最初と最後にお客様と接するため、ホテルやその施設のイメージを左右する立場です。
つまり、ホテルのイメージアップに貢献することこそが、レセプショニストの第一の役割かも知れません。

column

  • facebook
PAGETOP
Copyright © トゥルーマネージメント株式会社 All Rights Reserved.