ホテル経営の最高責任者「支配人」の職責と職権

ホテル経営の最高責任者「支配人」の職責と職権

最高責任者として組織のトップに立つ、経営の要

最高責任者として組織のトップに立つ、経営の要
ホテル業にはフロント業、料理人、ドアマンなどさまざまな仕事内容があります。
その中でも組織のトップに立ち、最高責任者としての業務を行う人間を支配人(ジェネラルマネージャー)と言い、簡単になれるものではないですが、最終目標として目指す方も多いでしょう。
会社で例えるなら社長といった職務でもあり、運営のかじ取りとしての役目を担っています。
売り上げや宣伝広告、従業員の雇用状況など全てを把握しておかねばならず、運営方針について責任をとる立場にあるホテル経営にとってかかせない職務です。
具体的な実務としては、館内の見回りなどでの施設管理、清掃状況のチェック、会議への出席、各部署からの報告書チェックと指示、経営状態の確認、長期的な事業計画の策定などです。
経験を積みマナーやサービス面、語学などでの高い知識などを持つ者だけがなれるポストです。
大きな組織の運営を行うやりがいはこの上なく、苦労する事も多い分、成功した時の喜びは大きいです。

職責と職権が大きい、責任あるポジション

職責と職権が大きい、責任あるポジション
大規模なホテルでは部門ごと、組織に分けられ、それぞれに副総支配人というポストがあることもあります。
現場のスタッフ全員が配下につくこともあり、職責と職権が大きい分、責任の重さにも繋がります。
運営が順調なときは高い評価を受けますが、売り上げが落ちるなど非難をうけることになればクビも覚悟しなればならないほどの数字ありきの職種です。
当然ライバルも多くなるので、気は抜けません。
従業員やその家族の生活を背負って経営を支える立場となるため、その責任は重大で、常にプレッシャーとの戦いにはなります。
プロモーション能力を活かしよい成績を残すなどの実績があればもっと上のランクでの運営ができたり、海外へヘッドハンティングされたり、などもあります。
多くの場合、スタッフとして幅広い現場での経験をし、管理職として管理や指導をするマネジメント業務に従事したのちようやく手が届く、昇りつめて勝ち得るポストです。
組織内でもっとも高い年収を得られるため、目指す方も多いでしょう。

column

  • facebook
PAGETOP
Copyright © トゥルーマネージメント株式会社 All Rights Reserved.