高級ホテルで非日常を提供するバトラーとは?

高級ホテルで非日常を提供するバトラーとは?

高級ホテルにおけるバトラーの立ち位置

高級ホテルにおけるバトラーの立ち位置
バトラーとは、イギリスの貴族の日常生活の世話をする執事のことで、最近では海外のホテルなどで採用されています。
バトラーは、滞在するお客さまが日常と同じように、またより充実した生活を送るために存在しているものであり、客室に赴いてお客様の滞在中の生活のお世話をします。
ホテルには、コンシェルジュのようにお客様が滞在中に日常生活と変わりなく生活を送ることができるためのお客様係がいて、バトラーと混同されやすいです。
しかし、コンシェルジュがコンシェルジュデスク、フロントにおいてお客様のお世話をするのに対し、バトラーは客室付きのお世話係となりますので違いがあります。
日本では、ごくわずかな高級ホテルにしか設けられてない役職ですが、今後は増えていくでしょう。

バトラーという役職を設けるメリットについて

バトラーという役職を設けるメリットについて
旅館やホテルにおいて、バトラーのいるメリットとは、ホテルや旅館での生活をすべてお世話することで、滞在中のお客様にエグゼクティブな気分を味わってもらえることです。
滞在中は、着替えのお手伝いから荷物運搬、調べ事まで、ホテル生活の多くをフォローすることができるため、その宿泊施設以上の高級感をもたらすでしょう。
ホテルや旅館に、設備面で高級感や付加価値をつけるのであれば、かなり投資額がかかりますが、バトラーを雇うことにおいては、人件費のみの投資で済むこともメリットといえます。
日本での過ごし方がわからないという、外国人のお客様などでもホテル生活全般をサポートに役立ちます。
バトラーに向いている人は、まずその宿泊施設ならではの非日常感、高級感を醸し出せる、立ち居振る舞いが美しい人です。
さらに、博識で、動作が美しい人が望ましいでしょう。
そのため、経験を積んだ人で、かつホスピタリティ精神のある人、生活全般のサポートができる人が適しています。
非日常を感じさせられる高貴な人を採用して、しっかりと教育することで、より上質なサービスの提供につながります。

column

  • facebook
PAGETOP
Copyright © トゥルーマネージメント株式会社 All Rights Reserved.