ホテル経営を安定させるためには

ホテル経営を安定させるためには

ホテル経営を安定化させる重要性について

ホテル経営を安定化させる重要性について
ホテルをはじめとした宿泊施設は、季節や近隣で開催されるイベント事に影響されやすく、不確定要素が強い中で営業をしなくてはなりません。
ですから季節による売り上げの変動に悩むことが多いのが現状でしょう。
ホテル経営の安定化はすぐに実現できることではありませんが、工夫次第では成し遂げることも十分可能です。
宿泊可能な客室の稼働率をどうやって高めるか、そして1人当たりの客単価に気を配ることも重要でしょう。
経営を安定化させるためには、稼働率を高めることがまず重要条件となりますが、闇雲に単価を下げてしまうと利益に結びつきにくくなります。
しかし、空室を作ると余計売り上げを減少させることになるため、これらのバランスのとり方がとても難しくなってしまうでしょう。
ホテル経営を語る上で欠かせない専門用語が「ADR」と「RevPAR」です。
ADRは売り上げ÷利用客室数で求めることができ、RevPARは稼働率と平均単価で計算された指標となっており、特にRevPARを重視したホテル経営を行うことで安定的な運営を行うことができます。

ホテル経営で忘れてはならない顧客サービス

ホテル経営で忘れてはならない顧客サービス
ホテルの客室稼働率や、1人当たりの単価のコントロールによりホテル経営を安定化させられますが、忘れてはいけない点が顧客満足度についてです。
最も重要な稼働率を高めるためには、利用者にとって魅力的でなければなりません。
しかし、稼働率を高めるために様々な予約サービスの活用や、宿泊価格のコントロールばかりをしている例も多々あり、それでは成果が出ないこともあり得ます。
また、根本部分でもある顧客のニーズを察知して魅力溢れる客室を作り、利便性の高いプランを準備することも求められています。
求められているものを把握することで実践し、尚且つ「ADR」と「RevPAR」にこだわった経営をすることで、結果を出すことができるでしょう。

column

  • facebook
PAGETOP
Copyright © トゥルーマネージメント株式会社 All Rights Reserved.